スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

ファイアフープ改 完成!

完成図を描いて材料集めに奮闘し、やっと形にすることができました!
fire hoop
これは、持ち運び形態で内側にロッドを収納しています。使うときは、ネジを緩めて外側にグリンっと回すだけ!超簡単☆

前回からの改良点
 ①フープ自体の強度    …13Φの管から16Φに変更し、材料も耐熱の高いものを採用。
 ②落下による支柱の変形対策…棒材から硬めのワイヤーに変更。
 ③フープとの接合方法   …固定式からバンド締式に変更。これにより取り付け手間等の簡素化が実現。
 ④燃焼部サイズ      …約半分、出來るだけ横幅を持たせる。

これでなんとか実用できるファイアフープになったかな?早速、この日曜あたりに試してみたいと思います。

以下は加工にあたって一番苦労した点。
今回は支柱に、3ミリ 1×7 ステンレスワイヤーを採用しました・・・が、これが売り場に見当たらないOTL
なのでまず、5ミリ 1×19 を購入し、外側の12本を剥がして使っています。
ワイヤー約5ミリ
5ミリワイヤー。かなり重たい
ワイヤー約3ミリ
3ミリワイヤー。逆巻になっている
ワイヤー分解
このように、きっかけさえあれば指で摘んではがせます。
分解後比較
比較するとこんな感じ。鋼のラーメンみたいだね(笑)

ネットでこれとほぼ同等のファイアフープを見つけてから、約三ヶ月かぁ。長かった~けど勉強になったなぁ。
しかし、まだまだ油断はできない。不具合を見つけないと。

試してみたらレポしまーす。ではまた☆
スポンサーサイト
コメント
レポート1
回してみた結果、ちょっと気になったのがロッド部分の合成
一応落下には十分耐えますが、接合部が金属疲労で折れる可能性はあります。今後重点的に改良します。

後は、ケブラーの燃焼持続時間。これは次回から専用の素材を使います。

全体的に安定感が増していて、フープの変型もなかったのでストレス無く演技出来ました!
by: AKIRA * 2013/03/21 10:17 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。